Daily Archives: 2011/11/19

アンのプラスマイナス

 

今日は、お散歩で汚れてしまったこともあり、アンをシャンプーしました。お預かりしてから2回目。

シャンプーは、好きなわけではないようですが、がんばって良い子で我慢してくれます。乾きやすい毛質なのか、ドライヤーもとても楽です。

引き出した当初、状態は決して悪くはないけど、固くてカールしていて、ブラッシングも少し手間になるような毛質だったアンのコート。最近は、お散歩していても、「綺麗な毛艶」と言われるくらいになってきました。

手で撫でていても、明らかに触り心地がアップしているのが分かるので、お手入れするのも嬉しくなります。

 

アンは、基本的に手間のかからない良い子だと思っています。家庭犬として、愛玩犬として、飼いやすい子です。

でも、考えてみたら、それは私の価値観で、私にとってはプラスのことでも、他の人にとってはマイナスということもありますよね。もちろん、その逆も然り。

そう思ったので、改めて、アンのことをもう少し詳細に書いてみます。

 

★性格・行動

  • 甘えん坊で、抱っこが大好きです。
  • おもちゃで遊ぶのが大好きです。
  • ひとりぼっちがとても苦手です。
  • 人や犬に対して、積極的に仲良くしようとするタイプではありませんが、攻撃的になったりはしません。まれに、苦手な犬もいるようで、飼い主の背後に回ったり、抱っこをせがんだりすることもあります。慣れてくると積極的に接しようとすることもあります。
  • おもちゃやおやつなど、自分のものだと思ったものに対する執着が強いです。飼い主に対しては怒りませんが、先住犬に対しては、近づくと唸ったり吠えたりします。
  • 先住犬が落としたおやつは、パクっと食べてしまいます。

 

★お手入れ

  • どこを触っても大丈夫です。
  • 歯磨きの習慣がないようで、口の中に手や歯ブラシを入れさせまいと口を開けません。現在、練習中です。
  • 耳の中がかなり汚れているため、獣医師の指導のもと、現在は、集中的に毎日耳掃除をしています。
  • 眼の下の毛が眼球に触れやすいようで、涙の量がとても多いです。頻繁に拭いてあげる必要があります。

 

★お散歩

  • お散歩が大好きです。
  • 朝夕2回、それぞれ1時間ほどお散歩に行きますが、喜んで歩いています。

 

★ごはん

  • 朝晩2回、ごはんを与えていますが、そのような食事をしていなかったのか、引き出し当初は、なかなか完食しませんでした。
  • 今ではだいぶ量も食べられるようになってきましたが、途中で食べるのをやめてしまうため、追いかけて食べさせています。
  • 自分が食べ残したごはんでも、先住犬が近づくと怒るときがあります。

 

★お留守番

  • ひとりぼっちのお留守番は、結構な声でギャンギャン鳴いて、ゲートもガジガジ齧ります。
  • ゲージの中にいるよりは、フリーでいさせるほうが、安心できるようなので、今は、リビングフリーでお留守番の練習をしています。
  • 長時間のお留守番は、まだ難しいと思います。

 

★トイレ

  • トイレは室内でも、お散歩中でもOKです。
  • 室内では、きちんとトイレシートを認識しています。ただ、おしっこが毛につきやすいようで、用を足した後、拭いてあげないと濡れていることがあります。
  • ひとりのお留守番などで、不安になると失敗してしまうことがあります。

 

★その他

  • ソファに跳び乗り、跳び下ります。ソファ以外にも、高いところからジャンプして下りてしまいます。
  • 無駄吠えはありませんが、甘えた声で鳴きます。
  • お外が大好きなので、すぐ外に出たがります。
  • 慣れていない人の顔が近づくと怖がります。
  • コマンドがほとんど入っていませんが、待てとお座りは少しずつできるようになってきました。
  • キャリーバックやクレートに大人しく入っていることができます。
  • 車酔いせず、大人しく乗っていられます。

 

あくまで、私の主観ですが、いきなりやってきた慣れない環境で、良い子で頑張っていると思います。先住犬のことをしっかりと見て、その家のルールを学んでいるようにも見えます。

私は、今ほぼ家にいて、長時間のお留守番をさせることはほとんどない環境です。また、私自身がかなりのんびりした性格というのもあるかもしれませんが、日常の中で、アンに対して不満を感じたり、手を焼いたりすることはありません。

 

最近は、少しずつ自我が出てきて、おもしろいしぐさをしたり、アピールすることが出てきたりしているように感じます。まだ100%全開のアンは、出ていないのかと思うと、ちょっと残念にも思いますが、ヘソ天でのびのび寝ている姿をみると、少しずつ慣れてきてくれていることが嬉しく思います。

 

以上、今日時点でのアンについてのもろもろでした。

 

 

にほんブログ村「犬ブログ(ペキニーズ)」に参加しています。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ
にほんブログ村

Categories: 預かり「アンちゃん」 | Tags: | Leave a comment

預かりボランティアとして

 

今日は、天の日記ではなく、個人的な考えを少し書こうと思います。

 

photo

 

ペキニーズ・レスキュー 四葉のクローバー隊」代表のブログ記事 「 『アンちゃん・川崎センター譲渡の黒ペキちゃん』里親募集に入りました 」に寄せられたコメントを拝見しました。

預かりボランティアの立場として、私の書いているブログを不快に思う方がいたのであれば、配慮に欠けていたことに対してお詫びいたします。

 

我が家で繰り広げられる日常 …

そこには、当然、私の大切な家族の『天』が存在します。

そして、今は、大切にお預かりさせていただいている『アン』がいます。

 

里親募集に応募される方が、この日常を書いたブログを見て辛く感じるのであれば、それは申し訳ないと思います。

それでも、私の中では、アンは「ペキニーズ・レスキュー」からお預かりしている大切な保護犬であることには変わりなく、アンの幸せの赤い糸がつながる里親さまが決まるまで、アンを大切に愛情深く預かり、最良の状態にしておきたいという気持ちに偽りはありません。

 

私が里親に応募したことをブログで公表したことにより、予防線を張ったように見えたのであれば、それは誤解です。

もし、私が預かりの立場でなければ、応募したことをわざわざブログで公にはしなかったと思います。

代表たちからのアドバイスもありましたが、預かりという立場ゆえ、あえて、自分も伝えたほうが良いと判断したのです。

とはいえ、予防線に感じた方がいたのは事実なので、それについては、きちんと訂正させてください。

 

「黒ペキちゃんのことを幸せにしたい」、「この子の里親になりたい」…そう思ってくださる方がいるのであれば、ぜひ里親に応募してください。

アンが幸せになるための居場所は、「ペキニーズ・レスキュー」の代表たちが、様々な状況を熟考したうえで、選んでくださいます。

アンにとって幸せの選択肢が増えることに、ほんの少しの不満もありません。

アンにとって最良のことは、預かり母である私にとっても最良のことなのです。

 

 

これからは、なるべく、アンのことは天とは切り離して「預かり日記」を書いていこうと思います。

それでも、どうしても共通の話題もあり、一緒に登場することもあると思います。『tenblog』 の世界観にアンが登場するため、違和感があるかもしれません。

私の配慮が欠けていましたら、どうぞ、ご遠慮なくご指摘ください。

 

 

最後に。

アンは、色々な方面から、「条件の良い子」と言われています。

「条件が良い」とはどういう意味なのか、いまだに私の中ではしっくりこない表現です。

 

預かりボランティアをする際、どのような子を預かることになるのか、全く分かりません。

男の子なのか、女の子なのか、パピーなのか、シニアなのか、人や犬が好きなのか嫌いなのか、障害や病気を持っているのかいないのか、、、そのため、「どのような子が来ても、預かり宅での生活が幸せだ、と感じてもらうことはできるのか」という不安があったのも事実です。

それでも、登録したのは、自分ができることを手伝いたいと思ったからです。

そして、たまたま今回、お預かりさせていただく子として、我が家に来たのが川崎市動物愛護センターで保護された黒ペキの女の子だったのです。

 

以前、「ペキニーズ・レスキュー」副代表が書かれていたブログに「ワンコのこと」という記事がありました。

とても考えさせられる、胸をうつ内容です。

ワンコたちそれぞれの個性… どんな個性であっても、それを愛せる自分でいたいと思います。

 

私の宝物の天。たまに困ることもありますし、ヤンチャ坊主のところもあります。それでも、私の大好きな大好きな家族です。その愛情を注ぐのに、条件など必要ないのです。

 

保護される子たちは、何も悪いところはありません。

いくつか特別な個性を持った子がいるかもしれません。

ちょっと違った個性を持った子がいるかもしれません。

 

それでも、その子たちは、その個性を活かして、精一杯生きています。毎日、たくさんの笑顔と幸せを与えてくれます。

それがとても重要なことだと思うのです。

 

どんなワンコもみんな限りない愛情の中で幸せを感じることができますように。

 

にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ
にほんブログ村

Categories: 預かり「アンちゃん」 | 7 Comments