Daily Archives: 2011/07/13

本日3回目の通院

 

※記録として、目の怪我の周りで腫れてしまった浮腫の写真を撮りました。今の天は、しっかり左目を開けないし、この状態で無理やり怪我をフォーカスした撮影はできないので、浮腫が分かる程度の写真ですが、傷系が苦手な方は、とばしてください……

 

 

 

 

 

ペキニーズ天_photo20110713_04

『なんだか見にくいですの。もやもやしてますの。とってくだちゃい!!!』

 

傷の周りの浮腫が悪化。目薬を手にすると狭い所に逃げ込もうとする天。

今は何よりも興奮させないことが大切。狭い所に入ろうとして、目を傷つけたら大変。迷った末、ふたたび病院へ。

 

浮腫が傷口をふさいでくれたら、それはそれで回復に向かう一歩になることもある…それを期待していたけど、結果は期待を裏切り、悪い方向へ。傷口のデスメ膜だけでなく、デスメ膜全体が腫れて、浮腫を押し上げているような状態らしく…。診察台の上で、ライトのあたった天の瞳は、強烈に痛そう。

 

「年をとっていたら、手術をする状態ですが、天ちゃんを信じて、今の治療法で様子をみましょう」…と先生。

天はまだ若いので、回復力が期待できる。先生と相談のうえ、天の治癒力を信じ、もう少し様子を見ることにした。この症状も痛みも代わってあげられたらどんなに楽か。。。

 

先生のそばにいられたら、何かあったときにすぐに対応してもらえるし、目薬もストレスなくしっかり点眼してもらえる、天のために入院もありなのかな???……素朴な疑問を先生に聞いてみた。

「天ちゃんの性格を考えると、通院を勧めます。入院と通院のメリットは、5分5分です。今は興奮させることが何よりも危ないので、おうちで静かに過ごさせてあげてください。」と。

確かに今日の天は相当弱気。私の姿が見えないと、不安そうに、すぐに鳴いて、探しに来る。今は連れて帰ってそばにいてあげよう。

 

改めて、天に負担にならない目薬の点眼方法を教えてもらう。先生には本当に感謝。天は、左目を怪我しているため、右手に目薬を持つと、視界に入って逃げてしまうので、左手で点眼するのがベスト。右利きのnyoshはついつい右手で点眼しようとしてしまうのだけど、左手点眼、練習しなきゃ。

 

天の症状が悪化しているショックで、せっかくナオデレラさんに教えていただいた布製エリザベスについて、先生にたずねるのを忘れてしまいました…。明日こそ、聞いてみよう。

 

明日も午前中に通院予定。ほんのちょっぴりでも良い方向に向かっていますように☆

 

 

にほんブログ村「犬ブログ(ペキニーズ)」に参加しています。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ
にほんブログ村

Categories: 日常, 病気・怪我・予防 | Tags: , , | 6 Comments

本当にごめんね…猛反省

ペキニーズ天_photo20110713

『天は……天は…おうちでゆっくりしたいですの……』

 

♦ 昨晩

だいぶ目が開くようになり、元気もでてきた天。とってもお散歩に行きたがったので、「夜遅くなら、あまり人やワンコに出会わず、興奮させずに済むかな?」と思い、エリザベスカラーを外して、22時半過ぎ、マンション敷地内のお気に入りエリアをちょっぴり散歩。

この時間でも、さすが夏…お散歩ワンコに会っちゃいました。ワンコ大好きな天なので、ワクワクスキスキ興奮度が上がらないように注意しながらご挨拶を済ませ、何かあってはいけないので、お散歩を続けたい天を抱っこして、早々に帰宅。こんな時、マンション住まいでも、お散歩できる敷地エリアがあるのは便利だなぁと実感。

帰宅した天は上機嫌で、嬉しそう。気分転換できて良かったね。じゃあ、エリザベスつけようねー。

 

 

で、事件発生。

 

 

楽しい気分の天は、エリザベスを拒否。kentas に天を抱っこしてもらって、天をあやしながら装着。この時、聞いたこともないような声で鳴いた天。可哀相だと思いながらも、傷が悪化してはいけないので、我慢してもらったのだけど…その後、滴るような大粒の涙を流して、目も半開きでショボショボ状態。

日付が変わるくらいの時間。。。明らかに大きな傷がついたわけではないようなので、nyoshは、迷ってしまったのだけど、kentas が「先生に診てもらったほうが良い」と後押ししてくれたので、病院に電話。

 

♦深夜の診察

担当医の先生はいらっしゃらなかったけど、以前にも天を診てくださったことのある先生が当直でいらしたので、診てもらいました。

デスメ膜瘤の症状はないようで、涙が多く、ショボショボしている以外、大きな傷が増えた様子もないので、点眼を続けることにして帰宅。ただ、「すぐに症状が出ないこともあるので、様子を見ながら、また翌日来院してください」とのこと。

大粒の涙が止まらないことに不安を感じつつも、その時点でできることはなく、ふがいなさを感じて凹む。2時過ぎまで様子を見て、天はぐっすり寝ているし、涙も落ち着いたようなので就寝…

 

♦今朝、7時前→朝の診察

朝起きて様子を見てみると、眼球にデコボコした白い塊のような膨らみ…急いで連絡して、病院へ。

「デスメ膜瘤かな……破裂しちゃったのかな……手術かな……」色々な思いが脳裏をよぎり不安で仕方ありませんでした。

担当医の先生と昨晩の先生に、診ていただいたところ、

「今のところはデスメ膜瘤にはなっておらず、傷の周りに浮腫がおきている状態」という診断。緊急手術が必要な最悪の状態ではないものの、悪化してしまい、余談を許さない状態。

ここからは憶測の域をでないのだけど、状況から考えられる先生の見解

「エリザベスカラーを極度に嫌がったため、興奮し、眼圧が一気に上昇。これにより、傷ついていなかった一番奥の膜が破れてしまい、水分が流れでて大粒の涙に。それに伴い、眼圧も下がり、傷の周りの浮腫が一気に進んだ可能性がある」

とのこと。

以前、先生に、エリザベスを着けたり外したりするとストレスになるので、あまり外さないように言われていたのに、外してしまったnyosh。。。天、ごめんね。本当にごめんなさい。

 

ペキニーズ天_photo20110713_02

『エリザベス嬢は、まだいることになったですの?目薬も増えたのでしゅか??……なんだかまた痛みがあるですの…』

 

コンタクト治療についてお話もいただいたけど、これ以上、天を興奮させるのは不安のため、いったん見送ることにしました。飲み薬を追加し、目薬も2本をしっかり点眼。そして、しばらくは毎日通院。

昨晩から今朝にかけて実感したけど、状況はすぐに変化するので、そばにいてあげることが大切。何かあったら、すぐに病院に行けるようにしておかなきゃ。

 

ペキニーズ天_photo20110713_03

『天はつかれたですの。少しゆっくり眠らせてくだしゃい…ぐー…ぐーぐー……』

 

今朝は、私の姿が見えなくなると鳴いて、そばを離れようとしなかった天。病院に行く仕度をしている間も、ずっと着いて来てそばにいた天。きっと本当に痛くて不安で助けてほしかったのだと思う。今は、いびきをかいて寝ているので、少し安心したのかな。

 

昨晩診てくださった先生が、「天ちゃんは、大切にされて幸せだね」っておっしゃってくださったけど、、、今回はさすがに飼い主失格と思うほど、凹みました。でも、落ち込んでもいられないので、自宅ケア頑張ります!

目薬が2本になったことで、一日に約20回の点眼。天のストレスを減らせるように、点眼の練習しなきゃ。

天、本当にごめんね。天のそばにいるから一緒に頑張ろうね。早く良くなってお散歩行こうね。

 

————————

おうちですること&気をつけることメモ

  • 90~120分おきに2種類の目薬を点眼
  • 朝晩の飲み薬
  • 傷が悪化していないか、涙量が増えていないか、天の様子をこまめにチェック
  • 涼しい部屋で、負担を軽減
  • 冷房や扇風機の風で、必要以上に室内の空気が動かさないようにする (室内にホコリなどが舞うのを軽減)
  • 冷房や扇風機の風が、天に直接あたらないようにする (ホコリやゴミが目に入る可能性を軽減)
  • 室内をこまめにお掃除 (ホコリやゴミが目に入る可能性を軽減)
  • 興奮させないように注意
  • エリザベスカラーは外さない

 

 

にほんブログ村「犬ブログ(ペキニーズ)」に参加しています。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ
にほんブログ村

Categories: 日常, 病気・怪我・予防 | Tags: , , | 4 Comments